題詠2015

016:(荒)さかいたつろう

荒野でも風さえあれば帆を張れる きみは船にも凧にもなれる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

015:衛(さかいたつろう)

衛星は過去の話だ 今日こそは流星みたいに突っ込むつもり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

015:込(さかいたつろう)

込み込みでお願いします 初めてのデートはキスまでつけてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

013:刊(さかいたつろう)

新刊が無い古本屋があるように もう恋なんてしないよノリユキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

012:おろか(さかいたつろう) 

星ひとつ掴めないのにおろかにも夢を見たんだ輝く夢を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

011:怪(さかいたつろう)

妖怪と思えばこの世は楽になる 悪人なんていないのだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

010:玉(さかいたつろう)

焼けていく卵が玉子になっていく 涙が乾けば明日になっていく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

009:異(さかいたつろう)

たくさんの異なる風たちの群れに揺らされているきみの黒髪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

008:ジャム(さかいたつろう)

女子たちの笑顔の底では頻繁にマグマとジャムが入れ替わるのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007:度(さかいたつろう)

爪痕の残ったまくらは僕たちの甘い限度となり朽ち果てる

| | コメント (0) | トラックバック (0)