« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

086:符(さかいたつろう)

君をまだ探しています 十六分音符のような恋だったのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

085:クリスマス(さかいたつろう)

クリスマスまでには絶対済ませます たまにはサンタもあの子と居たい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

084:河(さかいたつろう)

海なんて行きたくないよ  河のまま 淡水のまま あたしのままで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

083:憂鬱(さかいたつろう)

テレビから聞こえるカツオは憂鬱なあたしを励ますことに必死で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

082:源(さかいたつろう)

今、何が生きる力の源になったかわからないけどヒャッホー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

081:早(さかいたつろう)

多分もう早めに着いても楽しいと感じるデートにならないだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

080:午後(さかいたつろう)

午前より午後って感じが否めなくなってきている27才

| | コメント (0) | トラックバック (0)

079:恥(さかいたつろう)

あまりにも透明な願いだったから恥ずかしそうに逃げる流星

| | コメント (0) | トラックバック (0)

078:アンコール(さかいたつろう)

アンコールだらけのベッドで二人して君の指輪を探してたよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

077:屑(さかいたつろう)

パン屑をこぼして歩く女の子 笑って付いていく男の子

| | コメント (1) | トラックバック (0)

076:住(さかいたつろう)

この街で住民税を払ったらあの子やあの子が泣くのでやめます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

075:おまけ(さかいたつろう)

おまけのおまけのおまけのキスをするおまえにまだまだおまけをつけてる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

074:肩(さかいたつろう)

歴代の彼女たちがこの肩で見ていた夢に近づけた夏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連作「夏が来るのは嫌だけど梅雨が続くのはもっと嫌な女の子のために」

夏が来るのは嫌だけど梅雨が続くのはもっと嫌な女の子のために

向かい側 駅のホームで笑ってるあなたの隣の私の宿敵

どうしたらあの子のように思いきりミニスカートで飛べるのだろう

あの子より男を知らない スカートの長さなんかで決められたくない

本当は幸せになるつもりなどむちゃくちゃあるけどいちいち言わない

あの人の事が好きだと言えるのは幸せそうな彼女がいるから

今何時?なんてあたしに言わないでたぶん嘘しか出てこないから

一度だけ相合傘を口実に近づいたことがありましたよね

何だっていいから君に誉めてほしい  あたしの口癖まねしてほしい

気づいたら標識だらけ また君に行くまで時間がかかりそうです

手のかかる女の子です aikoとか好きですあとチョコレートとか

誰からも祝福されない恋をしてその後いつか結婚したい

今すぐにあの子に言いたい あの人のどうでもいい癖見つけた事を

抱きしめてくれるというなら無茶もする白線を今飛び越す女子たち

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »