« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

059:済(さかいたつろう)

用済みの女に突然キスされて誤解を生ませてほんとにごめんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

058:魔法(さかいたつろう)

消防士でもなくパパでもなく悪い魔法使いと呼ばれる日曜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

057:縁(さかいたつろう)

「縁がないときは寂しい 縁があるときは嬉しいものってなーに」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

056:アドレス(さかいたつろう)

時々は思い出してね二人して悩んでつけたメールアドレス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

055:式(さかいたつろう)再投稿

いまここで結婚式のマネごとをしようよどうせマネごとだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

054:首(さかいたつろう)

棺桶に入れそびれたネクタイをゆっくりゆっくり首に巻いてる

| | コメント (2) | トラックバック (0)

053:妊娠(さかいたつろう)

想像で妊娠できるあたしたちだからたまには優しくしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

052:縄(さかいたつろう)

大笑いできたね謎の縄ひとつ落ちてただけの夜だったのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

051:言い訳

言い訳は好きです するのもされるのもベッドの横で聞いているのも

| | コメント (2) | トラックバック (0)

連作 童心術

童心術

坂道を転がっていく 持ち主を突然失った三輪車

見たこともない蝶でした 不規則な螺旋の先のあなたのまつげ

その正体が何なのかを知りたくて手を伸ばすことを忘れた僕ら

争いがあるだけ 見栄も隠しごと一つもなくただ投げ合う雪だま

反射する水たまりの複雑な色 君と二人で聞いてた雨音

僕らがそう大人になったら忘れるであろう替え歌みたいな夕暮れ

一秒も無駄に出来ないことだけが僕らの使命だから走った 

遊び続けている誰も呼びに来ない原っぱから来るあの世の音色

| | コメント (0) | トラックバック (1)

050:災(さかいたつろう)

底なしの能天気です 災いを招いてケアして見送るくらい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

049:ソムリエ(さかいたつろう)

ソムリエが住んでたらしい 春の吉祥寺に溶けこむワインも僕も

| | コメント (0) | トラックバック (0)

048:逢(さかいたつろう)

拡声器にぎりしめて春の野を小鹿と歩けば逢えるかしら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »