« 005:調(さかいたつろう) | トップページ | 007:ランチ(さかいたつろう) »

006:水玉(さかいたつろう)

あまりにも星が遠くにあるせいで水玉模様の夜空にならない

|

« 005:調(さかいたつろう) | トップページ | 007:ランチ(さかいたつろう) »

題詠2009年」カテゴリの記事

コメント

私のブログ「見沼田圃の畔から」に、あなた様が、お題「水玉」の一首としてご投稿になられた作品の鑑賞記事を書かせて頂きました。何卒、お暇な折にお立ち寄り下さい。

投稿: 鳥羽省三 | 2009年3月 4日 (水) 14時56分

さかいたつろうさま

こんにちは、みつきです。
今回はこちらの歌をブログにて紹介させていただきました。
http://dizzy.versus.jp/misohito/log/eid186.html
いつもながら事後報告でごめんなさい。

この歌、一つの世界として完成してますね。
すごいなあと思って何回も読ませていただいてます。

今後ともお借りしてはご挨拶にお伺いさせていただきますが、どうぞよろしくお願いします。

投稿: みつき | 2009年3月28日 (土) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468446/27836429

この記事へのトラックバック一覧です: 006:水玉(さかいたつろう):

» 006:水玉(鑑賞) [ぼくはこんなことが好き。]
好きな歌にトラックバックさせていただいています。 (五十嵐きよみ)十代の少女とおなじ水玉のリボンと気づきそっとほどいた そこで、「わー、おそろいだね、」と言えるような人に私はなりたいです(・w・ でも今のままでは全く言えないだろうなあ……もしか...... [続きを読む]

受信: 2009年12月25日 (金) 21時27分

« 005:調(さかいたつろう) | トップページ | 007:ランチ(さかいたつろう) »