« 059:ごはん(さかいたつろう) | トップページ | 念のため覚書を。 »

060:郎(さかいたつろう)

新郎は新郎としてそれよりも君の新婦を抱かせて欲しい

|

« 059:ごはん(さかいたつろう) | トップページ | 念のため覚書を。 »

題詠2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468446/23015220

この記事へのトラックバック一覧です: 060:郎(さかいたつろう):

« 059:ごはん(さかいたつろう) | トップページ | 念のため覚書を。 »